ネタバレありひよっこ99運命のひとあらすじ/感想

以下ネタバレありのあらすじ1967年の春。

この年ミニスカートが大流行、若者文化が大変化した年でもあった。

日本橋の安部米店。

三男とさゆりが気まずい雰囲気。

最近、旦那さんがよく出かけており、二人っきりの場面が多いようだ。

三男はそれとなくかわすが、さゆりの積極的なアプローチは変わらない。

すずふり亭。

高子がお嫁に行って後、みね子の給料はアップ。

そして、ヒデはみね子のことを対等な仲間と認め呼び捨てになった。

あかね荘。

島谷さんがいなくなった部屋には、愛子さんがやってきた。

愛子さんはアパートで大忙し。

早苗さんと働く独身女性同士として意気投合。

漫画家コンビとは、編集者気取りで接する。

他の若者たちと比べて年が近い富さんとは、まるで友達同士。

すっかり打ち解けてる様子。

愛子さんの一番の楽しみは、もちろんシェフなのでした。

ある日の夜、すずふり亭にやってきた特別なお客様。

いつか来店された女優の川本世津子がやってきた。

世津子は、みね子に出身地についての質問と、時子の近況を聞いた。

料理が美味しいことを、ヒデに伝える世津子。嬉しそうなヒデ。

お会計時、世津子と話す鈴子とみね子。

普段は気を張った状態で食事を楽しみきれない世津子は、

リラックスした状態で食事を取ることに喜びを感じられたと言う。

鈴子は、すずふり亭の洋食がご飯に合うように作られていることを説明する。

別のある日のすずふり亭。

食事をしていたテレビ番組のアシスタントディレクターの方に、みね子をお借りしたいと言われる。

夜の気まぐれショーという番組内でのCMで、女優がはしかにかかったため代役としてみね子をというお話だった。

素朴な、どこにでもいるような女の子でいいらしい。

どうする?みね子。

つづく。

感想

島谷さんの一件はきっちり区切れて、今日からは川本世津子編?

お父さんの失踪についても展開がありそうで楽しみです。

さらには、三男の結婚話もどう決着がつくのか。

連続テレビ小説ひよっこ完全版ブルーレイBOX1Blu-ray12312円

Amazon

NHK連続テレビ小説ひよっこ

Amazon

連続テレビ小説ひよっこ完全版DVDBOX112312円

Amazon