桂ひな太郎の会(鈴本演芸場)

27日火曜日の主たる仕事は「コメント取り」。Eさんの方はかかってくるのをひたすら待つばかりだが、もう一人のOB評論家に関しては、「電話しない」という選択肢を含めて、どうしようか悩んだ挙句、結局、連絡。事情を全部話して、「OB評論家批判」みたいな記事を作るので了承してほしいと伝えた上で、コメントとして使ってもいいという「ひとこと」がいただけた。非常にありがたいことだ。

Eさんからか、と思ったら、ISジョシから。例の「腰巻」のコピーが最終段階に入ったらしい。もうほとんど完成しているのだが、「もう少し詰められないか」と言ってくる。デザイン的な問題らしい。よく見てみると、まだ「無駄な言葉」がある。それを削ってメール送信。この作業は、おそらくこれで最後だろう。

16:30、そろそろ出かけないとな。

この日は上野鈴本に「桂ひな太郎の会」に出かけなければならない。中野T店経由でチケットを買わされ、あわわわわ、買ったのだが、この日は公演日だったのだ。

西武線と山の手線を乗り継いで上野へ。アメ横をブラブラして時間を潰す。腹が減っていたので、御徒町吉野家の牛丼を食べる。最近、松屋牛めしばかり食べているので、吉野家があまり美味しいと思えなくなってきた。慣れというのは恐ろしいものだ。

18:00上野鈴本へ。

中野T店の常連の方々が結構並んでいる。

桂ひな太郎の会

一、開口一番 金原亭乃ノ香『子ほめ』

一、春風亭正太郎『唐茄子屋』

一、桂ひな太郎『新作』

仲入り

一、おしどり

一、桂ひな太郎『井戸の茶碗

乃ノ香さんは初見だが、かなりの美人。これまでの女流落語家で一、二を争う美形ではないかと思う。しかし、噺の方はいけません。硬いし間が悪い。全然面白くない。天は二物を与えず、てとこか。

正太郎さんは、テンポも口調もよく、いい感じです。

おしどりさんは、毎度同じネタだけど、安心して見てられますわい。

ひな太郎師匠は、新作一本と古典が一本。

『新作』は詐欺師を撃退する独居老人の噺。「じじネタ」ですね。出てくるのはおばあさんだけど。井戸の茶碗は、安定の出来。

終了後、クロちゃん、K川さんと山手線、中央線を乗り継いで中野へ。

中野T店に向かう。仕事で現場に行けなかったというS税理士がいた。

この日歌ったのは『もう恋なのか』と『まだ君に恋してる』の2曲。ここではベビメタは歌えませんなあ。

なんだかんだ言いながら、店を出たのは1:30を過ぎてから。スタートが遅かったからね。

沼袋の自宅まで徒歩帰宅。