YouTuberとお笑い芸人の違い

 僕はお笑いやYouTubeが好きでよく見るのだが、二つの違いについて思った。

お笑い芸人とYouTuberの一番の違いは熱量なんじゃないかって。

お笑い芸人は一時間や二時間の番組をやるから、番組の最後までテンションを保つために自然と力をセーブしている。しかしYouTuberは3分や5分の動画の間に全てを詰め込まないといけないから、はじめから全力のテンションで行く。

これが両者の違いなのかなって。もともと日本人はリアクションが薄いと言われてるから、リアクションの大きいYouTuberが人気が出てきているんじゃないだろうか。

どちらがいいか悪いかではなく、それぞれの個性だろう。特に芸人は力を抜いている方が笑いをとれる傾向にある。テレビ番組で全力のテンションはちょっとうざいかもしれない。一方YouTuberは短い動画の中で低いテンションだと、何も印象に残らず終わってしまう。そうすると登録者数も伸びない。

両者の違いについてそんなことを思った。