読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田植え終了

 17日に田植えが終了しました。今年は去年より2日遅くなるように計画して進めてきたので、余裕でできました。今年から新しいトラクターで耕起や代かきを行ったのですが、これが驚き。今のトラクターはとにかく優れもの。というより私が今まで使っていたものがあまりにも古すぎたのです。代かきの時に特にそれを感じました。代かきは田植え前に田んぼ面をとにかく平らにすることが大事なのですが、去年まではなかなかうまくゆかず、腕が悪いとばかり思ってました。でも今年は違いました。平らになったのです。平らにするのは腕ではなかったのです。機械だったのです。具体的には油圧で常時、水平、傾斜調整されています。教訓:古いものを大事にすることは良いことです。ですが、思い切って新しいものに変えてみることも必要です。それまでに改良された技術がいっぱい入ってます。

 田植え機の方はまだまだ現役でがんばってます。私はこの機械ほど知恵や工夫が詰まったものはないと思ってます。いろいろ付いているのですがそのすべてがなるほどと感心するものばかり。とはいえ、この田植え機は一年で最も稼働率の低い機械です。我が家の場合、一年でたった一日だけしか使いません。でもその一日に全力で作業し、あとはまた整備してしまい込まれます。しかし、なくてはならない大事な機械です。