読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言っておきたい過去がある・・・・・・

   隣のビル解体工事は相変わらず音がうるさい。音だけならまだしも家が揺れる。ガス管や水道管などのインフラが心配になる。気を使いながら解体しているのは少し伝わるが、朝8時から夕方4時半までキッチリ壊している。

   1階で仕事をしているが4階は相当揺れていたが1階はほとんど揺れない。しかし潰れると下敷きになる。不安を抱えながら仕事をしている。朝、ミルちゃんを散歩に連れ出した。そのときに施主に遭遇した。何事もなくすれ違えばよかったのだが、横で騒音を出されて、何事もない顔ですれ違うのは男が廃る。

   僕が口を開く前に済まなさそうな顔で「ご迷惑をかけてすみません」と言うではないか。「いや、人間はガマンできるのですが、建物がガマンできるかどうか・・・」というと、相手は「兄ちゃんとこは、うちよりも新しいのになにゆうたはりますの」と檄を飛ばされた。彼は僕のことをいつも”兄ちゃん”と呼ぶ。文章にすると深刻な会話だが、お互い笑顔なので生々しさはない。もう少し辛抱することになりそうだ。