読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シューティングレンジ行ってきた

もうね、精神的にだるくてしょうがないのでエアガン撃ちたくて。

ということでかはくに行ったあと、帰りに赤羽フロンティアのレンジに行ってきました。

いつものSR16と、久しぶりにMEUピストル&スコーピオン。

スコーピオンを重点的に撃ってきました。

20連マガジンしかないので一瞬です。

フルオートでは、ああこりゃ毒蠍だわ、と思うくらい恐ろしいです。

ストックとフォアグリップがわりのマガジン、そこそこある重量が合わさってブレずに一直線にBB弾がつらなります。

バラけたほうがいいのかもしれませんが、電動ガンのようなフルオート弾道はなんとも恐ろしく感じました。

が、使いやすいか狙いやすいかはまた別で、どこを狙えばセンターに当たるかいまいちつかめませんでした。

弾道は綺麗なんですけどね。

レンタルのKSCクリンコフですが、これまた作動も精度もしっかりしています。

で、ちょうどスコーピオンと同じサイトシステムということで、やはり狙いづらい。

なんかスコーピオンを大きく重くしたような感じです。

性能自体はいいので、クリンコフ手放すの勿体ないかなぁと思っちゃうんですが、でもねぇ。

やっぱエアガンといえど信頼性って大事ですよ。

実物もそうだといいますが、家など自分のスペースで撃つときはなんにも起こらないのに、マッチやサバゲなど外に持ち出すといつもは起きないマイナートラブルが出るんですよね。

ジンクス的なマーフィーの法則的なものなのか、それとも実際に本人の緊張や、気候などの外的要因かわかりません。

とりあえずKSCのM4とマルイのMEUピストルはゲームに持ち出してもなんら変わらなかったということで、僕の評価が高いですね。

クリンコフは急にマガジンの抜き差しが難しくなったので、評価下がりました。

たぶんまた家でやったら問題ないんだろうな。

KSC M4のSR16は精度もリコイルも扱いやすさも、感触も抜群。

ただノーマルマグでフルオートすると数発に1発すっぽ抜けます(バーストは一切問題なし)。

PMAGだと起こらないので、やはり重くても捨てがたいです。

すっぽ抜けるのはガス吹き出し口の密着度が低いからで、かさ上げすれば解決しそうなんですが。

マルイのCQB-Rはやはり感触がよくないですね。

リコイル感も作動音、操作音もうーん。

性能はVZ61を大きくした感じ、クリンコフのリコイルとサイクルをアップさせたようなもんかな。

スコーピオンは恐ろしい武器と感じたのと同時に、ほんのわずかにフィールドでのトラブル起きそうな予感と意外な使いづらさが気になります。

スコーピオンで10m。

ストックは使わず、フォアグリップは握った状態。

10発のグルーピングは9.5cm。

MEUピストルで10m。

本気で10発。

グルーピングは8.3cm。

SR16で10mから10発。

一発飛ばしてしまったけど、それを入れても7cm。

ミスショットを除けば4.5cm。

何故かスコーピオンよりMEUピストルのほうがグルーピングがよくなりました。

これはサイトの狙いやすさの違いが出たと思われます。

僕が気になるのは扱いやすさと狙いやすさですかねぇ。