読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『カフェ・ソサエティ』

『カフェ・ソサエティ

 律儀に毎年新作を届けてくれるウディ・アレン

よくアイディアが尽きないものだとも思う反面、もう少し準備期間をとってもいいのではないかとか、余計な事も言いたくなる。

 ユダヤ人でNYやジャズ愛が深く、ハリウッド嫌いのウディ・アレンにしては珍しくハリウッド黄金期の30年代を舞台に、一人の青年の成長を描く。

ミッドナイト・イン・パリ』も近い時代を舞台にしていたが、あちらが当時のセレブを登場させていたのに対して、こちらは名前ばかりで少し心もとない。

 NYからハリウッドに向かうジャズが好きな青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)はもちろんアレン自身だろう。

 ハリウッドとNY、それぞれで出会う女性を通してボビーが大人になる過程が描かれていくが、ハリウッドの映画業界もNYのゴージャスなカフェ経営も表向きはきらびやかに見えても裏が存在するというあたりはシニカルな視点を感じる。

 いつものアレン語録には納得だが、どこかジェシー(ネアカな役柄)のキャラクター

には合ってないようにも思えた。

ボビーを虜にする美女にクリステン・スチュワートブレイク・ライヴリー、叔父のフィルにスティーヴ・カレルと有名俳優を揃え、黄金期の美術セットや衣装も見ごたえあるが、少しばかりガスが抜けたソーダのような印象も…。

ブレイク・ライヴリーと冒頭の女優の卵はもっと生かしても良かったのでは?