遠い日をせめないで

洗濯機を回しながらこれを書いています。

土曜日の夜から岡山にいます。

彼は平日は朝早くから夜遅くまで仕事なので一緒にいられる時間は突然、土日より少なめ。

毎朝、洗濯機を回し掃除機をかけてぞうきんがけをすれば、やることがありません/(^o^)\ (料理は好きではないので…)

月・火は午後から岡山駅周辺を散策。

発売日初日に買ったけどまだ読めていなかった村上春樹の「騎士団長殺し」を持って

駅から岡山大学まで歩きました。

図書館で落ち着いて読みたかったのです。

んが、しかし

大学って広すぎる

月曜日は構内のカフェで一息するまでは良かった…

図書館を見つけられずになぜか農学部の畑に迷い込み、いつの間にか住宅街に入り、自分がいったいどこを歩いているのか分からないまま終わりました

図書館に入ることを諦めて、たまたま見つけたファミレスでかなり遅めのブランチをしながら一時間程度読書。

帰宅した時には日がすっかり暮れていました

火曜日。

一通りの家事を終えて、今度は駅で自転車をレンタルして再び岡大へ向かいました。

…それにしても、岡山大学、自転車通学率がかなり高い!

キャンパスのいたるところに学生の自転車が停められてあるのを見かけました。驚いたのは、キャンパス内にもレンタル自転車「ももチャリ」があること。

まあ、山の上にある私の母校の大学とは違い、岡山大学は平地にあり・さらに岡山駅からバスで15分程度という好立地だからチャリ通が多いんでしょうな

銀杏並木を通り過ぎて突き当たりに図書館はありました。

そこで本を借りるでもなく(生徒が授業や論文で使うための専門書ばかりなもんで)、騎士団長殺しの前巻を三時間ほどかけてようやく読了。

その間、斜め前に座っていた、岡大生とおぼしきお嬢さんは、六法全書を枕にひたすら寝ていたのが印象的でした(°_°)

23時ちょっと前に彼が帰宅。

食事をしながら岡大に行ったことを話したら、彼の大学時代の話を聞かせてくれました。

私の大学時代は人生の中で最も暗い時期だったので、サークル活動の話を楽しそうに話す彼がキラキラしていて羨ましかった

今の私が10数年前に戻ったなら、当時の100倍は大学生活を楽しむことが出来る自信があるのにな。笑

今日、広島に帰ります。