東大寺さんの誕生釈迦仏

一般にお釈迦さんの誕生日は4月8日とされます。ただ、その日の根拠は曖昧だとか。

今日のカットは、東大寺さんが所蔵される誕生釈迦仏像です。

この仏像の恰好ですが、摩耶夫人の右脇から生まれたお釈迦さんは、七歩進み出て、右手を天に、左手を地に指して、あの有名な「天上天下唯我独尊」と唱えられたされる姿です。

プクプクとまあるい体つき、もし指先で触れたら柔らかくてポンと押し戻されそうな感触を想像、もう「可愛い」としか言いようがないように思います。

多くの寺院では、灌仏会降誕会仏生会浴仏会龍華会花会式、花祭などの名前で、花で飾ったこの像に甘茶を注いで祝う行事が行われます。

誤った使い方、やり方をして、ダメにしてしまったとき、「お釈迦」になった言うことがあります。

一説によると、江戸時代の鍛冶職人が火力の調整を間違えて使い物にならなくなってしまったとき、「火(し)が強かった」が転じて「四月八日だ」=「釈迦の誕生日だ」と訛らせたのが語源(?)とされます。

今年は、桜の開花が遅れて「花会式」というにふさわしい雰囲気でのお祝いの日になった地域も多かったようです。