読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一日一映画

3/26(日)から3/30(木)まで、映画館と自腹DVDで5作品観てた。

1日1本じゃん! というところから思い出した

 

3/26(日) 『神様のくれた赤ん坊』  40年近く振りに(渡瀬恒彦、追悼)DVDで再見

3/28(火) 『うさぎ追いし 山際勝三郎物語』 『パッセンジャー』 『キングコング 髑髏島の巨神』

       週1映画遠征、岡山市内のスクリーンで

3/29(水) 『狂った野獣』  (渡瀬恒彦、追悼)DVDで初見

  こんなに面白い映画を若い頃に見落としていた自分にガッカリ  ってな反省やら、色々映画雑食してきた末に、この歳(61才)になっても出逢うものには意味があるのかもな、手前勝手に昇天。

3/30(木) 『太陽の下で 真実の北朝鮮』 『ショコラ 君がいて、僕がいる』 シネマクレー

      見逃しては勿体ないから、晩ご飯作り置いて岡山へ。

髑髏島のコングの男前っぷりと、数年先にあるらしい南海の孤島でのオールスターバトル。

幼い頃に東宝映画 『海底軍艦』『宇宙大怪獣ドゴラ』 やられてる身、その方面には感謝感激なんですが

『太陽の下で 真実の北朝鮮

どこが違う?

ああ、南海の孤島で凶悪なスカル・クローラーと死闘するキングコングを絶対もう1度は観なきゃ。

人類、各国、父母の世代が戦争で被った悲劇を屁とも気にかけないのか?

『太陽の下で』

軍服に勲章じゃらじゃらびっしりのご老体ら。

フェリーニのローマ』 思い出してた。

『神様のくれた赤ん坊』 は別枠だから  キングコング怪獣総進撃で特別枠だから

今週の白眉は 『狂った野獣』と『太陽の下で 真実の北朝鮮』 でありました。