読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の競馬予想

天皇賞、NHKカイルカップの前哨戦。いよいよG1シーズンが始まる。昨日の予想には土筆(つくし)が生え出したら春を感じると書きましたが、春を感じるのは競馬ファンならやっぱり前哨戦と呼ばれるこの時期の重賞の名前を見たらなのでしょう。

日経賞G2(中山芝2500メートル)予想

◎シャケトラ

短評「勝算あり」

ゴールドアクター

短評「負けられない」

ディーマジェスティ

短評「大敗明けも」

☆フェルメッツァ

短評「穴で一考」

△ツクバアズマオー

短評「見限れない」

◎は前走が惜しい二着のマンハッタンカフェ産駒のシャケトラに期待。父であるマンハッタンカフェはこのレースを圧倒的一番人気に支持されたがアクティブバイオの6着に敗れる。父と前走の鬱憤を晴らす勝利を期待したい。ここを勝って天皇賞サトノダイヤモンドに挑戦状を叩きつけたい。

毎日杯G3(阪神芝1800メートル)予想

◎ガンサリュート

短評「親子制覇へ」

○サトノアーサー

短評「軌道に乗り」

▲クリアザトラック

短評「巻き返す」

アルアイン

短評「不気味だ」

△キセキ

短評「巻き返す」

◎はダノンシャンティ産駒のガンサリュートに期待。父であるダノンシャンティもこの時期にメキメキと力をつけた。昨年もスマートオーディンがこのレースで親子制覇を決めた。今年はガンサリュートで親子制覇二年連続を期待したい。

マーチステークスG3(中山ダート1800メートル)予想

◎ピットボス

短評「騎乗は柴田善臣

○ロンドンタウン

短評「巻き返す」

アスカノロマン

短評「不気味だ」

ハッピースプリント

短評「侮れない」

△リーゼントロック

短評「馬主は浜の番長」

明日の予想はドバイ特集を行います。昨今は海外で活躍する日本馬が増えました。アウォディーなどの活躍を期待したいものです。

写真は明治スーパーカップカスタードクッキー味。元々は明治スーパーカップは好きなアイスであったがこのカスタードクッキーは最近の中でも大当たりの味であった。定番のバニラも美味いがそれに驕らずに新しい挑戦を繰り返すこそスーパーカップは残っていると思う。変わらないようで変わらないものはないと感じます。変わらないように思わせるのも悪くないですね。