あ、すみませーん、上が安く出来ないなら、取引を打ち切れって言ってきたんですよー。ほら、消費税上がったでしょ?あれが、結局決め手だったみたいで。今月の部の会議で決まっちゃったみたいなんですよ。

そもそも

お疲れ様です。てむ三世です。

そもそもこの異常な人口集中を普通だと思うのがおかしいですね。

この人口集中は意図して実行されていると思います。

まず、第一に消費税。

消費税というのは、資本主義下での更なるデフレを大きく推進させる素晴らしい効果があります。

すると、国内地方で大企業の孫請企業を圧迫し、更には倒産解散に追い込む事になります。

過疎の町とかよく聞きますよね?

地方では人口が減らない方が不思議なのです。

要はロボット化機械化コンピュータ化AI化による生産性の向上でただでさえ地方中小零細企業の食い扶持は黙っていても減ります。消費者の嗜好の変化もるし、流行り廃りもあります。そこで、消費税による更なるデフレ圧力。

傘下の中小零細企業を買い叩いて、我が世の春を謳歌している大企業の新たな法律に買い叩かれる側の中小零細企業も合わせなくてはなりません。

しかし、中国やベトナムや韓国の工場は日本国の労働基準法を満たす必要は全く無いのです。

すると関係が薄いところから、切られます。

小さな町工場や小さな商店が減りましたよね?

私達は常に安いもの新しいモノを消費者として求めます。

しかし、もしあなたが生産者で、利益なんて殆ど上がらない地方の小さな工場の社長だったら?

親会社は新しい部品を納入するか、今のままならもっと安くするように再三催告されるが新しい機械を入れる資金はない。しょうがなく安くしたら、また半年後に同じことを云われた。これじゃ駄目だと銀行に泣きついて機械を導入、しかし、思ったほど親会社の単価は上がらず返済が滞る。

そして、小さな町工場は静かに倒産します。

それが全地方のイヤ全世界の先進国で起きています。

小さな商店も同じようなものです。

大量に仕入れることが出来ると出来ないのでは、店舗に並ぶまでに出来ること出来ないことが大きく違いがあります。

これらの地方中小零細企業がバタバタと倒産、解散、破産した結果がこの東京一局集中です。イヤ東京に限らず大阪や名古屋もそうなのかもしれません。

皆さんの地元はどうなのかは知りませんが私は年収2割の差なら東京近郊ではなく、地元に残りたいというのが本音です。

あなたはどうですか?

しかし、恐らく3割程度変わる気がします。色々金額も違うので実際は殆ど変わらない生活レベルなのかもしれませんがね。

しかし、それも許されていません。

日本国の労働基準法その他法令が及ばない安い近隣アジアの製品が市場の占有率を高めることになりました。

地方中小零細企業は自分達を苦しめる近隣アジアの工場にシフトした大企業と政府で創った新たな法律で更に苦しめられています。すると地方中小零細企業の従業員へ待遇はどうなりますか?

それが、大企業が集まる大都市に更に人口が集中する原因です。

アホです。

最低でも、大きな中小零細企業倒産圧力である、消費税を廃止せねばならないでしょう。

ではまた(^_^)/~~

■満員電車でスマホをいじる人への不満爆発 「そこまでしていじりたいか?」「スペースが余っているのを見ると腹立たしい」「そこまでしていじりたい?」

(キャリコネ - 03月17日 07:12)