60代と70代の感覚的な壁

 いつか来ることとは思っていたが今年で60代とサヨナラだ。来年からは70代、何かお祝い事まであるそうな。良く70まで生きてくれましたということらしいけどいいよいいよ。何か60代だとまだまだ人生は先があるという感覚だが70代というとお迎えを待っているという感じになってしまう。あっちのほうも

機能不全発生かな。しかしこれは置かれた立場の違いで孤立老人はもちろんこれぐらいの落差はあるけど国会議員や芸能人は70代なんて普通に活躍している。いや、たまには80代だって。

こういう人たち死の間際まで普通の社会人として活躍している。なので私にはその器量はないけれど70になっても仕事もらえればするし、あいかわらず趣味の世界にどっぷりつかっているし、

伴侶ももらって人と人の愛情を確かめ合ったりしたいと思っている。何ともならないのは体の衰えで

足は痛むは、静脈瘤で足はしびれるわで確実に老いは忍び寄っている気はする。重ねて言うけど

「70代は老人」、「60代はまだまだ若い」。それが自分が持っている感覚だ。