生活弱者の経済貢献の提案

仕事の無い各種年金受給者、生活保護者、無職、バイトをしていない学生は特定の

店舗でしか買い物を出来ない様にする。その店舗の一極集中を避けるために

巧く分散をしてその者の住んでいる地域を考慮して。情報はポイントカードやマイナンバーで

店舗が把握して指定以外の店舗で買えないようにする。

そうすることで店舗がそのような消費者を確保でき、

その店舗の株価も維持できる。

定年を迎えた人のセカンドジョブも喚起でき

バイトや社員でで働く労働者の鬱病が激減すると思う。

何故ならその人が自由に買い物が色々な店舗で出来ると言う

ステイタスが新たにできて、皆仕事の無い人が社会復帰に向けて

努力をすると考えられるので経済が良くなる。