すごい興奮した

別に野球は好きじゃないんだけど、

試合が延長してどんどん予定がずれていく、

あの感じが好き!!

9回裏にオランダが追いついたときは、思わずガッツポーズしてしまった。

なぜなら、試合がもっと延長するから!!

俺は野球のあとのプロレス総選挙を見たかったのだけれども、

その予定もどんどんずれていって、面白かった。

スポーツ嫌いだしオリンピックも嫌いだけど、

やっぱり日本人だから日本を応援しながら最後まで見ていた。

(↑さっきオランダに同点に追いつかれてガッツポーズしてたの誰だ?)

俺の祈りが通じたのか、11回の表に日本が逆転して終わった。

応援していた日本が勝ってくれた上に、

あわや日をまたぐような時間まで試合をやってくれて、

俺は大満足でした。

野球ファンのみなさま、おめでとうございます。

僕も楽しかったです(^^)

不謹慎だと言われても、非日常的なことって楽しい!!

最近は野球をテレビで見る機会も少なくなった。

これも一種の非日常で、ホント楽しかった!!

あまり大きな声では言えないんだけどね、

俺は3・11東日本大震災もすごく楽しかったんだ。

見知らぬ他人が何十万人死のうが俺の知ったことじゃない。

俺は2011年3月11日、最高の非日常を楽しんだ。

こんなことを書くとお叱りを受けるかもしれない。

多分俺を叱りたいあなたは正しいです。

被害者には2種類いるんです。

被災者にも2種類いる。

「私は被害者(被災者)だ!!」と声たかだかに叫ぶ人と、

そんなふうにしない人。

2種類いる。

俺、きまぐれで2011年の夏に、仙台に行ったんだけどね、

俺の知る限りでは、被災地には、

叫んでいる人はいなかった。

たったの一人も。

騒いでいるのは被災者の周りにいる人達だけで、

本当の被災者は、普段と変わらぬ暮らしを営んでいた。

俺それ見て、日本人ってすげーなーって思ったんだよ。

日本人ってかっこいいな。

あんなことがあったのに、

心の中では思うこともたくさんあるだろうに、

みんな粛々と普段の生活を送っている。

被害者ヅラしない。

被災者ヅラしない。

なんで彼らがそうしないかって言うと、

彼らが本当に賢いからだと思う。

人は自分が被害者だって思うことで、本当の意味で被害者になってしまうんだ。

自分が被害者だと認めた瞬間から、みじめな気持ちがあふれ出てくるんだ。

それを知っているから彼らは、

笑顔でボランティアの人々を迎えてくれたし、

被災者だからといって卑屈になることもなく、

作業を終えたボランティアの人たちに笑顔で

「ありがとう」って言ってくれた。

涙が尽きたのかもしれない。

悲しみにマヒしたのかもしれない。

ただ単にヤケクソになっているだけなのかもしれない。

叫び疲れたのかもしれない。

それでも、そんなふうに笑える彼らを、俺は心から尊敬した。

どんなことがあっても、明るく生きていこうね。

どんなことでも、できるだけ楽しんでいこうね。

俺達はここに、修行に来ているんじゃないよ。

遊びに来ているんだからね!!

侍ジャパンタイブレークの死闘を制す!中田のV打でオランダを撃破

(ベースボールキング - 03月13日 00:02)

広告を非表示にする