なんでも親がやると子供の自立心を奪う

必要に迫られて、勉強以外のしつけもうちでおこなっております。

もともと私があまり行儀のよくない人なので、最低限ですが。

人のうちにあがるときは、靴をそろえて、先に帰る人は後から

帰る人のことを考えて靴を整えてあげて…とか。

最近、横柄な態度で、ときにブリっこ声を出したり、(おねだり

テクニックに使っているよう)ありがとうがいえない、人に

「教えて」といえない、諭しているのに口答えをするような

女の子が入ってきました。

これまであからさまに口答えをするような生徒はうちにいなか

ったので、(先生が怖くて?はは…)とんでもないやつが入って

きたな〜。

きっと家でもお母さんにやっているんだろうな。それじゃお母さん、

ますます感情的になっちゃうよな…とか思ったり。

でも、親御さんとしては中学受験でしつけの厳しいミッション

スクールに入れたいとのこと。

そんなら、プレ体験としてうちでも、厳しくしつけするかな〜と

思い、できてないことをまずチェック。

その中で見えてきたことなのですが、親御さんが仕切り屋で、

なんでもチャッチャッとやってしまうタイプのお子さんは、

自立心が育たないのでなんにもできない子になってしまっています。

その子はプッシュホンのかけ方(つまり電話のかけ方)も知りません

でした。もちろん留守電の残し方も知らない。

家の住所も言えないし、電話番号も言えない。ふー、どうしましょ。

一番、問題なのは「ありがとう」がパッと出ないことかな。

親御さんが言わせる訓練をしていないので、いえないのかも。

多少わがまま言っても、(私のわがままを広い気持ちで許してくれ、

聞いてくれて)「ありがとう!」と笑顔を添えて言えたら、大概の

人は許してくれると思う。

また子供が落ち着いて「ありがとう」と返す時間を奪っていること

とか。「まったくも〜手がかかる、やることいっぱいあるのに」とか

いいつつ、ちょっと腹を立てて親がどこかに消えてしまうからかもね。

子供が作業をぐずぐずしていたり、手際が悪いときも、慣れるまでは、

親は手を出さずじっと我慢して待ってあげるような忍耐はいるとかと

思います。

子供のノソノソ作業を「できた」、「よくできた」と子供を

褒めようとイライラを押さえて待っているのもまた親の忍耐

かと。